プライオリティパスとは?お得な発行方法や対象カードなど

プライオリティパスが発行できるクレジットカードとは?

プライオリティパスとは、世界中の約1000ヵ所もの空港ラウンジが利用できるパスです。日本国内でも当てはまることではありますが、海外の主要空港では複数のターミナルビルを抱え、複数のラウンジを有していることも少なくありません。そして、一つの空港であってもこのプライオリティパスで入室できるラウンジが複数設定されていることも多いです。ですから、1000ヵ所のラウンジと言っても1000ヵ所の空港というわけではなく、空港の数としてはその半分の500程度となっていますが、これでも日本人がビジネス出張や旅行で訪れるような空港はほぼ間違いなく網羅されているといえるでしょう。

なお、空港ラウンジには、その空港会社が運営するラウンジや航空会社が運営するラウンジなど、いくつかの種別があります。このパスで入れるラウンジというのは一律に決まっているわけではありません。一つ一つ決められているということで、新たなラウンジが入室できるようになることもありますし、逆に今までは入室できていたラウンジが入室できなくなることもあります。しかし、全体としては入室できるラウンジ数が拡大傾向にあることは間違いありません。

このプライオリティパスは普通に入会することももちろん可能です。というかそれが基本ではあるでしょう。ただ、年会費は決して安いものではありません。資格としては3種類あり、回数無制限で入れるプレステージは年会費399ドルです。年に10回まで無料、11回目からは1回につき27ドル支払って入れるスタンダードプラスであれば年会費は249ドルです。そして、毎回27ドルを支払う必要のあるスタンダードでは99ドルの年会費がかかります。こうしてみると、プライオリティパスというのは有用であることは間違いないものの、決して安い値段ではないことが分かります。プレステージであれば4万円を超える金額ですし、スタンダードで1回あたりに支払う金額も3000円程度となります。

しかし、普通に入会することだけがこのパスを手に入れる方法ではありません。クレジットカードの中にはこのパスと提携しているところがあり、そのクレジットカードを持つことでこのパスの年会費分を支払うことなく持てるカードもあるのです。

そのようなクレジットカードは思った以上に多くありますが、最もお得なのは楽天プレミアムカードでしょう。年会費1万円でプレステージ資格が自動的に得られるからです。

プライオリティパスを取得するおすすめのクレジットカード

プライオリティパスは、各空港のラウンジを運営している会社となります。このプライオリティパスには3つの会員ランクが存在します。それが、スタンダード会員とスタンダードプラス会員とプレステージ会員になります。スタンダード会員は年会費は99ドルになりますが、その都度使うたびに27ドルかかります。スタンダードプラス会員は年会費は299ドルになりますが、年10回までは無料で入ることができてその後27ドルかかるシステムになります。プレステージ会員は年会費399ドルして、それ以外はすべて無料で入ることができるシステムになります。また、同行者はどの会員であっても27ドルかかることになります。

このようにプライオリティパスは取得するには多額の費用がかかりますが、それをクレジットカードを発行することによって使うことができるようになります。その中で一番のおすすめのカードといえるのは楽天プレミアムカードでしょう。この楽天プレミアムカードは年会費1万円ですみます。つまり、プライオリティパスを年会費1万円で使えていることになります。このプライオリティパスを使うためだけに楽天プレミアムカードを作るのもありでしょう。また、当然のことながら楽天を使っている方であれば楽天の通常のカードよりポイント還元率が高いときもあります。楽天を使っている方にとってはかなり有効なカードといえますし、単純にプライオリティパスを発行できるカードとしてだけでも楽天プレミアムカードはおすすめといえます。しかしながら、楽天プレミアムカードは家族カードには発行することはできません。

この家族カードに対してもプライオリティパスを発行できるカードとしておすすめなのがMUFGプラチナアメックスカードになります。こちらは年会費が2万円になります。年会費2万円で家族カードに対してもカードを発行することができるようになります。こちらも一人単位で考えれば年会費1万円と考えることができます。

このように、プライオリティパスを発行するには、通常通り発行するのは日本ではかなりもったいないといえるでしょう。この楽天プレミアムカードかMUFGプラチナアメックスカードのどちらかを発行するのがおすすめといえます。どちらも年会費1万円と安き金額で発行することが可能になります。ただ、どちらもゴールドカードであってプラチナクラスのクレジットカードになりますので、一定の信用情報が必要になります。

種類によっても異なるアメックスのプライオリティパス

世界トップクラスのクレジットカードにアメリカン・エキスプレス、通称アメックスがあります。アメックスは日本においても30年以上の歴史を誇り、高級ブランドとしても抜群の知名度があります。アメックスはトラベル関係に強いカードとしても知られており、中でも、附帯されるプライオリティパスには高い魅力があります。

アメックスのカードは、一般的にはグリーンカード、ゴールドカードが知られていますが、さらにプラチナカード、センチュリオンがあり、プラチナカードにはインビテーション(招待)が必要となるものと必要としないカードの2タイプがあります。センチュリオンは、まず一般では目にすることはない世界最高峰のクレジットカードであり、年会費35万円、入会ではゴールドカード所有者の人に、利用実績等に応じてインビテーションが届くことになります。

アメックスの利用で知っておきたいことは、カードによってプライオリティパスに違いがあることです。まず、プライオリティパスは、保有をすることで海外主要空港にある空港ラウンジを利用でき、その数は世界130ヵ国500都市で1,000ヵ所以上の数を誇ります。ラウンジでは離陸時間までくつろぐことができ、ここでは充実した空間と食事、飲み物等が提供され、全て無料で利用することができます。通常、プライオリティパスは年会費を払うことで利用することができますが、アメックスでは無料で提供されます。

プライオリティパスの種類には、スタンダード会員、スタンダード・プラス会員、プレステージ会員の3つがあり、まず、スタンダード会員は年会費が99ドルと安い代わりに、利用ごとに27ドルの料金が必要となります。スタンダード・プラスは年会費249ドルとなり、10回分までは無料でラウンジを利用することができ、プレステージにおいては年会費399ドルを払うことで、何回でも無料で利用することができます。ただし、同行者に関しては全てのタイプで使用料27ドルが必要になります。

アメックスではグリーンカードとゴールドカードにはスタンダード会員が付与され、ゴールドの場合には年2回までは無料でラウンジを利用できる特典がつきます。プラチナカードにはプレステージ会員が付与され、回数に関係なく無料でラウンジを利用することが可能となります。

アメックスの利用においてはグリーン、ゴールドともに特典を得るにはアメックス経由で申込をする必要があり、プラチナの場合には、現在、インビテーション無しに利用できるものとしてはセゾン・プラチナ・アメックスと、MUFG・ゴールド・アメリカン・エキスプレスの2つのみになります。プレステージ会員が付与されるカードとして他にアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードがありますが、このカードはインビテーションが必要となります。

プライオリティパスを発行できるANAカードはあるのか?

プライオリティパスというのは、世界中の空港ラウンジの利用資格が得られる入館証のようなパスです。ANAカードでこのプライオリティパスのことを考えている人であれば、おそらくはラウンジには基本的に2種類、航空会社が運営するラウンジと、クレジットカードなどのカードサービス系会社が運営するラウンジがあることは知っているでしょう。

このうち、航空会社が運営するラウンジのほうは、基本的にはその航空会社のお得意さんとでも呼べるような人しか入室できません。その航空会社の飛行機によく乗る人や、国際線であればビジネスクラス以上の座席に乗る人あたりしか入ることはできず、お金を払ったりすることでは入れないのが基本です。

これに対してカードサービス系会社が運営するラウンジのほうは、プライオリティパスを初めとするカード、ステータスの高いクレジットカードを持っているような人が入ることができます。ただ、ゴールドカードやプラチナカードを持っていたとしても、それで入れるラウンジは基本的に国内の空港だけで、海外の空港ではほぼ無力です。しかし、海外の空港こそラウンジを使いたいと考える人が多いことは当然です。それができるのがプライオリティパスであり、ANAカードの中にはこのプライオリティパスが発行できるカードもあるのです。発行できるANAカードは何かというと、ANAのプレミアムカードです。国際ブランドはVISAでもJCBでも構いません。プレミアムカードというのは一般的にはプラチナカードと言ったほうがよいかもしれませんが、このカードを持つことで発行できるようになるのです。

もちろんANAプレミアムカードの入会には審査がありますし、年会費も決して安くはありません。ただ、ANAの飛行機に良く乗っているかどうかというのは審査にはまず無関係ですから、その点は心配する必要はありません。逆に、単にANAプレミアムカードを持っているというだけの理由では、ANAが運営する航空会社ラウンジへの入室資格はありません。プレミアムカードを持っていても入室できないのはちょっと厳しいような気もしますが、あくまでもANAの飛行機によく乗る人やビジネスクラス、ファーストクラス乗客を対象にしているということを貫いているとも言えます。

少し話がそれましたが、プライオリティパスさえあれば、世界中の空港でラウンジに無料で入室することができます。旅に大きな余裕が生まれることでしょう。

プライオリティパスの発行できるJALカードはあるか?

JALカードを持っている人というのは、旅行が好きとか、飛行機に良く乗るという人が基本的に多いでしょう。もちろんマイルを貯めたいという動機が多いことは間違いないでしょうが、旅行で飛行機に良く乗る人であれば空港ラウンジの存在も気になっていることでしょう。

ただ、残念ながら一般のJALカードを持っているだけでは空港ラウンジは利用できません。しかし、もし国内のカード会社ラウンジを利用したいということであれば比較的話は早いです。クラブAゴールドカードを持てば、無料でカード会社を利用できるからです。ただしこれは基本的に国内の空港に限ります。海外の空港ではほぼ利用できません。海外旅行で海外の空港を利用するときにこそラウンジは真価を発揮するわけですから、これでは旅慣れた人ほど不満に思うのも止むを得ないでしょう。

しかし諦めるのはまだ早いです。海外の空港ラウンジを利用する方法はあります。それは、プライオリティパスというパスを持つことです。このプライオリティパスを持つことで、海外であっても1000か所以上の空港ラウンジを無料で利用することができるのです。プライオリティパスは直接このウェブサイトから申し込んでも発行できるものの、JALカードを持つ人であればその方法ではなくJALカードのプラチナカードを持つことをおすすめします。というのも、そのほうが明らかにお得だからです。

JALカードのプラチナカードを持てば、ウェブサイトから申込むと399ドルの年会費がかかるプライオリティパスを無料で発行できるのです。プラチナカードの年会費は税込みでも33480円ですから、値段的に年会費を明らかに上回る特典が得られることになるからです。もちろんプラチナカードとしてのその他の特典、コンシュルジェサービスやグルメセレクションなどは普通に受けられますから、お得などというレベルを越えた話であることは分かるでしょう。

プライオリティパスの有効期間は1年間で、もちろん本来は年会費として毎年399ドルがかかります。しかし、プラチナカードを持ち続けている限りは、当然ながら2年目以降も無料でプライオリティパスを発行できるのです。

なお、JALの飛行機に人並みはずれてよく乗る人であれば、マイレージクラブの上級会員になることができるかもしれません。そこまでの資格を得られる人であればこのパスのありがたみも薄れるかもしれませんが、普通の人がそこまでの資格を得るのは簡単ではありません。