お得にプライオリティパスを持ちたい人が覚えておくこと

プライオリティパスが無料発行できるクレジットカードはこれ!

プライオリティパスが何と無料発行できるクレジットカードがあります。ただ、無料とは言ってもクレジットカードそのものの年会費はかかるので、財布から全くお金が出て行くことなくプライオリティパスが持てるというわけではありませんが、少なくともそのクレジットカードそのものを持つのにかかる費用以上のお金は全くかかることなくプライオリティパスを持てるカードというのは存在します。

しかも、3段階あるパスのランクのうちの最上級ランクが無料で持てるカードもあるのです。最上級ランクのプライオリティパスを持てば、世界中の空港ラウンジが完全無料で何回でも使い放題となります。

そのようなカードはMUFGプラチナアメックスです。このカードは年会費2万円のプラチナカードで、プラチナカードとしては年会費は決して高いほうではありません。むしろ安いくらいです。一般のクレジットカードしか持ったことのない人にはカードを持つだけで年2万円というのはとんでもなく高いと感じるかもしれませんが、それはプラチナの実力を知らないからそうなるだけのことです。

このカードの特典として、最上級ランクのプライオリティパスに追加料金不要で入会できるというものがあります。このパスは普通に入会しようとすると年に4万円以上かかりますから、パスを持てるだけで十分すぎるほどに元が取れてしまっている計算です。

パスの有効期限は1年間となりますが、有効期限が切れてもこのカードを保有し続けている限りは継続してパスを持つことができ、当然ながらそのために別途料金がかかることもありません。クレジットカードの年会費だけで、永久にパスを持ち続けることができるのです。

なお、このパスでラウンジを無料利用できるのは本人だけとなりますが、同伴者もその都度利用料金を支払うことで利用可能にはなります。そのための料金は1人1回あたり約3000円です。微妙な値段かもしれませんが、特別に不満を抱くほどでもないでしょう。しかし、このMUFGプラチナアメックスはさらに強力な特典があります。家族カードを、しかも1枚は無料で発行でき、家族カードであってもこのパスを同じように無料で発行できるからです。ちなみに家族カードの2枚目以降も3000円で発行可能ですから、年に1回でも家族と一緒にラウンジを使うのであれば、発行できる限りは家族カードを発行しておいたほうがお得だということになります。非常に強力なカードです。

プライオリティパスの発行できるクレジットカードで同伴者無料はあるのか?

プライオリティパスは世界中の約1000か所の空港ラウンジが利用できるパスで、クレジットカードの特典の一つとしてこのパスの年会費が無料になるカードがあることはかなり良く知られています。

しかし、独身者ならともかく、家族持ちの人は空港ラウンジに家族も入れるのかどうかをしっかり考えておく必要があります。家族旅行のときに一人だけで入ってもあまり大きな意味はないでしょう。せっかくのラウンジですから、家族全員で入りたいもので、そうしてこそ自分の株も上がろうというわけです。一人で入っては逆に株が下がってしまうことも十分に考えられます。

プライオリティパスには3つの種類がありますが、どれも同伴者無料とはなりません。パスを持っていない同伴者は無料では入れないのです。ただ、パスそのものを持っていない人はその場でお金を払っても入れないのに対して、パスを持っている人に同行している人であれば有料で入ることはできます。3種類のパスのどれであっても、同伴者は一人1回当たり27ドルで入ることができます。

ここで言えることは2つです。つまり、プライオリティパスでは同伴者無料の資格はありません。パスを持っていない人は持っている人に同行して入ろうとするときに限って入室することができます。そして、その場合の料金は27ドルですから、この料金を支払ってもよいと考える人であれば、パスを持つのは家族の中で本人一人だけであっても構いません。

ところが、プライオリティパスの発行できるクレジットカードの中には、家族カードを発行でき、しかも家族カードに対してもこのパスを発行できるものが存在します。そしてもし家族カードの発行が無料のクレジットカードがあれば、それは実質的に同伴者無料でラウンジを利用できるに等しい特典が得られていることになります。

そんなクレジットカードはあるのかというと、あるのです。MUFGプラチナアメックスがそれです。年会費2万円はかかりますが、本会員はもちろんのこと、家族会員であってもプライオリティパスを発行することができます。しかも家族カードの1枚目は無料で発行できるのです。2枚目以降は年会費3000円がかかりますが、それでもラウンジ入室1回分程度の費用に過ぎませんから、年に1回以上はラウンジを利用するという人であれば2枚目以降であっても家族カードを発行するだけの価値は十分にあるでしょう。これで家族も含めてお得にラウンジを利用できます。

プライオリティパスを安く発行できるクレジットカードはこれ!

プライオリティパスは世界中の空港のラウンジを無料で利用できるパスです。国際線を利用する場合、とくに海外の空港での乗り継ぎがあったりする場合はラウンジが利用できるのは非常にありがたいです。慣れない海外の空港ではゆっくりと過ごせる場所を見つけるだけでも一苦労です。しかしプライオリティパスさえあればそのような心配はいりません。少なくともリラックスして過ごせますし、飲み物は基本的にフリードリンクです。軽食サービスやシャワーが用意されているラウンジも少なくありません。

このようなラウンジへの入室資格が得られるのがプライオリティパスです。基本的にこのようなラウンジはその都度お金を払うと言っても入室させてはくれません。そこにふさわしいと予め認められた人だけしか入れないということです。

このパスは、もちろんそれ単独で入会することも可能です。クレジットカードとは異なってとくに審査というようなものはありませんが、値段は決して安いものではありません。回数制限無しで何度でも入れる資格を得るためには年会費399ドルがかかります。日本円にすると4万円を超える金額です。確かにラウンジというのはステータス感も高く憧れの一つではあるでしょうが、普通の人が海外の空港ラウンジを一年に何度使うものでしょうか。多くてもせいぜい3, 4回といったところでしょう。となると、1回あたりの利用料は実質1万円を超えることになります。そうなるとステータス感などよりも実質を取って、別にラウンジなどに行かなくても空港内のカフェなどを利用するほうがよほど賢いということにもなりかねません。
ところが、クレジットカードの中にはこのプライオリティパスが無料で発行できるものもあります。つまり、実質上はそのクレジットカードの年会費の中にパスの発行料も含まれていると解釈することができます。では、安い年会費でこのパスが発行できるクレジットカードはどれなのでしょうか。

一般論で言いますと、このパスが発行できるカードはプラチナカードです。しかし多くのプラチナカードは年会費は数万円程度はします。パスの価値が4万円以上もあることを考えればこれでも安すぎるといえるカードも少なくありませんが、実はもっとすごいカードがあります。それは楽天プレミアムカードです。年会費1万円でこのパスの入会資格が自動的に得られます。嘘ではありません。年会費1万円で、4万円以上の価値がついてくるのです。

プライオリティパスが持てるおすすめのクレジットカードはこれ!

プライオリティパスが持てるおすすめのクレジットカードはこれだと言われても、そもそもプライオリティパスとは何なのかよく分からないという人もいるかもしれませんので、まずはそこを先に説明しましょう。プライオリティパスとは、世界中の空港ラウンジを利用できるパス、つまり会員証のようなものと思ってください。この説明を聞いて、自分は全く海外旅行などしないし、仮にするとしても空港ラウンジなど使いたいとは全く思わないという人であれば、ここに書いたことはその人には全く関係がありません。

しかし、たとえ年に数回あるいはそれ以下の頻度であっても海外旅行や海外出張があり、使えるものならその際にはラウンジを使いたいと考えている人は多いでしょう。なお、これもあまりないことかもしれませんが、そもそも自分はそんなパスなど無くても別途ラウンジ利用資格があるんだよという人もまたここに書いた説明は全く不要かもしれませんので、予め断っておきます。

空港ラウンジというのは、特に海外の場合、飛行機に搭乗するまでの待ち時間をリラックスして、場合によっては軽食をつまんだり飲み物を飲みながらゆったりと過ごせる場所なのです。国内でも当てはまりますが、空港というのはどこでも混雑しています。そんな中で搭乗までの時間をつぶすのはそれだけで大変なことも多いのです。それが、ラウンジが利用できると状況は全く一変し、端的に言っていくら時間があってもむしろあっという間に時間が過ぎてしまうと感じることが多くなるような場所なのです。

このようなプライオリティパスはそれ単独で申込むことも実は可能です。しかし、それよりもおすすめの方法はクレジットカードを経由して申込むことです。クレジットカードの特典として、このパスが無料で持てるカードがあるからです。もちろんクレジットカードの年会費はかかりますが、追加料金は特にかかりません。そして、中にはパス単独で申込むよりもクレジットカードの年会費のほうが安いというカードさえ存在しています。そのようなカードの代表が楽天プレミアムカードやMUFGプラチナアメックスカードです。

パス単独で申込むと特別な審査はありませんが、クレジットカードの場合は審査がありますから、どんな人であってもこの方法がおすすめできるわけではありませんが、逆に言うとこれらのクレジットカードの審査に通ることができる人であれば、単独でパスを申込むのは愚の骨頂とさえ言えます。

セゾン プラチナアメックスに付属しているプライオリティパスについて

ラウンジサービスにもいくつか種類がありますが、その中で一番有名でなおかつ一番世界的に大きい市場をもっているのがプライオリティパスです。

これは高級ラウンジサービスの一種で正式に入会するには年会費として300ドル程度の現金が必要になる代わりに、高級でなおかつ安定したサービスを受けることが可能です。同様のラウンジサービスはほかにもありますが、プライオリティパスが一番市場規模が大きく欧米を中心に世界中で利用できるサービスとなっています。

ただ実際にプライオリティパスで年会費を払っている方というのは意外と少数派でほとんどの場合クレジットカードの付属サービスとして使う方がほとんどです。
クレジットカードの中でも高級路線をとっている物であれば、プライオリティパスに年会費無料で入会できるサービスを提供していることがありますし、ゴールドカードなどでも年会費の割引サービスを受けられるものがあります。

この場合入会は別途に行うことになりますが、クレジットカードが提供する専用サイトからアクセスするなどの方法をとることによって年会費無料でこのサービスを受けられるという物が多いです。
このプライオリティパスは利用しない方は殆ど利用しませんが、海外旅行によく行く方であれば利用頻度も高く、またカードによってはどう反射も無料になるという事でこれだけ目当てにクレジットカードを選ぶという人も珍しくありません。

利用の際の注意点は特にありませんが決済方法についての部分があります。
決済の際に利用するクレジットカードは当然ながら無料のサービスがついているカードです。決済時の代金はドル請求になりますがカード側で日本円に変換されることになっているので気にする必要はありません。

またプライオリティパスは年会費を払うだけの価値があるサービスとなっていますが、そもそも海外旅行に行かない方とはほとんど縁がないサービスです。ですからレギュラーカードにはほとんどついていませんし、無料サービスなどは年会費が二万円代のハイクラスのカードについているのが一般的です。自分にとって便利かどうか、本当に必要かどうか判断した上で申し込むことをお勧めします。

ただそのカードに魅力を感じているのであれば、年会費無料で利用できるので申し込んでおいても損はありません。自分にとって必要かどうか、申込するだけの価値が本当にあるかどうかを考えながら利用することをお勧めします。