プライオリティパスを発行するのにおすすめクレジットカードまとめ

プライオリティパスが無料で発行できるおすすめのクレジットカード!

プライオリティパスとは世界1000箇所以上の空港ラウンジへの入室資格が得られるパスです。国内の空港であればクレジットカードのゴールドカードを持っていることでラウンジに無料で入室できることは良く知られていますが、海外の場合はゴールドカードではラウンジに入ることはできません。別途資格が必要になりますが、その資格が得られるのがプライオリティパスなのです。

プライオリティパスへの入会に際しては特にクレジットカードのような審査はありませんが、年会費が必要になります。そしてこの年会費というのは決して安くはありません。最も安いスタンダード会員でも99ドルつまり1万円以上かかります。この程度であればラウンジがいつでも利用できるメリットと比べて十分に釣り合っているかと考える人も多いでしょうが、実はスタンダードではあくまで入室資格が得られるだけで、実際のラウンジ入室に際しては毎回27ドルがかかるのです。これを聞くとちょっと躊躇する人は多いのではないでしょうか。年会費99ドルに加えて毎回27ドルとなると3000円程度はかかることになります。3000円は微妙な金額ではありますが、これだけ払えばたいていのカフェなどで過ごせることもまた異論のないところだからです。

スタンダード会員以外だとどうなるかといえば、次のスタンダード・プラス会員だと年会費249ドルで、年間10回までは無料で入室できます。よほど海外出張や海外旅行が多いという人以外は、年間10回も利用できればまずは十分でしょう。そして最上級のプレステージ会員は年会費399ドルとなり、これは無料入室回数に制限はありません。

このように見てくると、確かにプライオリティパスは便利でステータス性も高いものの、位置づけとしては微妙に感じる人も多いかもしれません。しかし、実はクレジットカードを持つことで、年会費が割引になったり無料になったりするカードもあるのです。こうなると俄然おすすめ度がアップすることになるでしょう。では、プライオリティパスがお得に発行できるおすすめのクレジットカードはどういうものなのでしょうか。

基本はプラチナクラスのカードになります。あるいはアメックスやダイナースクラブカードもこのパスと提携していることで知られています。しかしこれらのカードはどれもちょっと手が出にくいかもしれません。年会費も2万円以上はかかるからです。その点、楽天プレミアムカードなら年会費1万円でプレステージ会員の年会費399ドルが無料になります。

プライオリティパスが持てるおすすめのクレジットカードはどれか?

プライオリティパスが持てるおすすめのクレジットカードはどれなのでしょうか。これは、実はかなり多くのクレジットカードが当てはまります。少なくとも、案内書きなどにプライオリティパスが持てると書かれているクレジットカードであれば、基本的にはどれであってもおすすめできると言えます。理由は簡単で、プライオリティパスを直接申込むときに必要になってくるパスの年会費が無料になることが多いためです。もちろん、クレジットカードそのものの年会費が必要になってくるのは致し方ありませんが、クレジットカードの年会費よりも安くなるプライオリティパスの年会費分のほうが大きいとか、カードの他のサービスのことを考えればパスが無料でもらえるようなものというケースが多いために、基本的にはどんなクレジットカードであってもおすすめできるのです。

このように書くと、そんなうまい話があるのだろうか、それではパスを直接申込む人など誰もいなくなるはずで、直接申込む方法が残っている以上は何か裏があるに違いないという人もいるかもしれません。確かに非常に慎重な人です。もちろん理由があるからこそ直接申込む方法も残っているわけで、それは審査の関係です。直接申込めばそれだけ年会費もかかりますが、特に審査などはありません。誰でもパスを持つことができます。一方、クレジットカードは、年会費さえ支払えば誰でも持てるというものではありません。審査がありますから、持てない人もいるわけです。その違いです。ですから、審査をクリアできる
人であればカード経由で持ったほうがよいという条件付きと言えます。

しかし、どれでもおすすめとは言え、その中でも特におすすめできるクレジットカードというのはどれなのでしょうか。2つ挙げておきましょう。一つは楽天プレミアムカードです。これは現在のところ最も安くパスを持つことができるクレジットカードで、カードの年会費は1万円です。得られるパスの価値は4万円を超えますから、特におすすめと言えます。

もう一つはMUFGプラチナアメックスです。こちらは年会費2万円ですから一見すると楽天プレミアムカードの2倍となりますが、楽天プレミアムカードにはない、家族カードであってもパスを発行できる特典があります。しかも家族カードの1枚目は年会費無料です。ですから、家族も含めて2枚パスを発行するのであれば単価は楽天プレミアムカードと同じになります。

プライオリティパスを持ちたいならMUFGプラチナアメックス!

プライオリティパスを持ちたいのならMUFGプラチナアメックスを持つことをおすすめします。プライオリティパスは直接申し込むことも可能ではありますが、それはあまり賢い方法ではありません。というのもクレジットカードの特典として発行したほうが、クレジットカードの年会費のことを考えても値段的に安くなる場合があるからです。

一応、プライオリティパスには審査はなく、18歳以上であれば誰でも入会はできるというメリットがある一方で、クレジットカードには審査があるという違いはあります。しかもMUFGプラチナアメックスのようなプラチナカードになってくると審査もそれなりにハードルが高いですから、どんな人であってもこのパスを持ちたい人はMUFGプラチナアメックスを持つべきだとは言えません。クレジットカードの審査に通れないような人がこのパスを持ちたいときには直接申し込むしか方法がないこともあるからです。しかし、少なくともフルタイムで仕事をしている社会人であるならば、チャレンジしてみる価値は十分にあるでしょう。

MUFGプラチナアメックスは年会費税別で2万円です。これまでに一般的なクレジットカードしか持ったことがないという人であればこの年会費は相当に高いと思うことは間違いないでしょう。今では一般的なクレジットカードであれば年会費無料のカードも全く珍しくありません。そんな中でたかがカードに年2万円です。しかし、このカードにはそれだけの価値があるのです。プライオリティパスだけに話を限っても、年に399ドルするプレステージプランに無料で入会できます。

よく考えてみて下さい。プライオリティパスが持てるということだけでも年会費の約2倍もの価値を有していることが分かります。もちろんこのプラチナカードのメリットはプライオリティパスだけではないことを考えると、2万円の年会費は逆に安すぎると言えるくらいなのです。

しかも、MUFGプラチナアメックスは、家族カードに対してもプライオリティパスのプレステージプランに無料で入会できます。家族カード1枚は年会費無料で発行できますから、実はさらにお得度が2倍になっているのです。年会費2万円で、399ドルの価値があるパスを2枚もらえることに相当するからです。

クレジットカードですから所定の審査があり、誰でも簡単に審査に通るとは言えないかもしれませんが、この魅力を考えると申し込む価値は十分にあると言えるでしょう。

プライオリティパス発行にはゴールドカードではなくアメックス!

プライオリティパスが欲しいと思って検討している人がいるなら、このパス単独で入会しようとは決してしないことをおすすめします。なぜなら、プライオリティパス単独で入会するよりもお得になるクレジットカードがあるからです。クレジットカードの年会費分くらいの元は十分に回収できるカードがあり、アメックスはまさにその一つです。

なお、一応プライオリティパスとは何かを説明しておきますと、世界1000箇所以上の空港ラウンジへの入室資格が得られるパスのことです。このようなラウンジは、ただそのラウンジのカウンターに行ってお金を払おうとしても入れるものではなく、予め何らかの資格を得ている必要があります。その資格は必ずしもプライオリティパスだけには限りませんが、プライオリティパスはそのような資格を持てるパスの一つなのです。

もちろん、利用する航空会社の種類は関係ありません。たとえ格安航空会社を利用するときでもそれとは無関係に利用できます。さらに搭乗するクラスについても同じく無関係です。エコノミークラスを利用するときでも問題なく利用できるのがありがたいところです。

ただ、このパスは単独で入会しようとすると決して安いものではありません。特別な審査というものはありませんが、スタンダード資格で年会費99ドルがかかります。さらに、ラウンジ1回の利用ごとに27ドルがかかります。この値段はかなり微妙なところで、海外の空港でラウンジを利用できる利便性とステータス感を考えると思い切って持つことができるレベルではあるでしょうし、一方でちょっともったいないかもと思えるような値段でもあります。

しかし、最初に述べたようにこのパス単独での入会ははっきり言って損です。アメックスカードを持てば、99ドルの年会費を支払うことなくスタンダード資格が得られるからです。もちろんアメックスカード自身の年会費はかかってきますが、アメックスのグリーンカードであれば年会費は税別12000円です。今の為替レートからすれば、ほぼ年会費分が回収できることに相当していることが分かるでしょう。もちろんアメックスカードそのものの特典やサービスは通常通り受けることができるわけですから、考えようによってはほぼ無料でアメックスカードを持てることにも相当します。

プライオリティパスを持とうと考えているなら、アメックスのクレジットカードのステータスも同時に持つことを考えてみましょう。

プライオリティパスの発行できるおすすめのクレジットカードはどれか?

プライオリティパスを持ちたいと考えている人も多いでしょう。このパスさえあれば、世界中の空港でラウンジを利用することができます。空港での待ち時間をゆったりとくつろぎながら有意義に過ごすことができるのです。

しかし、このような空港ラウンジは誰でも使えるようなものではありません。国内の空港であればともかく、海外の空港の場合、その場で利用料金を支払って利用するというような発想はまずありません。予め適切な資格を持つことが確認されている人だけが入れるもので、一つには例えば航空会社の上客です。マイレージクラブの、しかもかなり上級の会員資格を持つような人であれば利用可能なことが多いです。あるいは、これから搭乗しようとする飛行機でファーストクラスやビジネスクラスを利用するような人も利用できます。

このような入室資格は簡単に得られるようなものではありません。せいぜい年に1回程度海外旅行に行き、場合によっては格安航空会社も使い、しかも当然のようにエコノミークラスというような人はどう転んでもこのような資格を得ることはできません。ただ、だからと言って諦める必要はないのです。それがプライオリティパスで、これがあればマイレージクラブの上級会員でなくても、それどころかマイレージクラブに入会さえしていなくても、また格安航空会社を使うときでも、エコノミークラスを使うときであっても関係なくラウンジが利用できるのです。

とくに、格安航空会社を利用する際にラウンジが使えるというのは非常に役に立ちます。格安航空会社の場合はそもそも航空会社ラウンジなどを持っていませんし、空港のターミナルビルも一般的に非常に簡素であり、ただ待ち時間を座って過ごすことさえ難しかったりするからです。

さらにはツアー旅行のときでももちろん利用可能です。航空会社や搭乗クラスに一切関係なく利用できるのがプライオリティパスの良いところです。このパスが発行できるおすすめのクレジットカードがあります。いくつかある中でも特におすすめできるのが楽天プレミアムカードとMUFGプラチナアメックスです。おすすめの理由は、クレジットカードの年会費だけで、その年会費以上の価値のあるパスが追加料金無料で発行できるからで、特に楽天プレミアムカードが最安値です。年会費1万円とクレジットカードにしては高額であることは間違いありませんが、プライオリティパスの価値は年会費をはるかに上回ります。