ニーズ別、プライオリティパスを発行するのにおすすめなクレジットカード

プライオリティパスがついているJALカード

プライオリティパスとは、世界中でラウンジを運営している会社になります。このラウンジは世界で950カ所以上で運営しています。日本では、成田空港と中部国際空港と関西国際空港と福岡空港に存在しています。ここで少し気になるのは東京国際空港にはありません。まだ東京国際空港はできて新しいですので現時点ではまだ存在しないということになります。中での設備は素晴らしいものがあります。お酒なども飲み放題だったり、食事も食べ放題だったりします。携帯を充電したい方やパソコンをしたい方のために、コンセントもあります。また、シャワーなども無料で使えますので海外へ頻繁に行く方にとってはメリットが大きいものになりえるでしょう。

この中で会員ランクは3つあります。スタンダード会員とスタンダードプラス会員とプレステージ会員です。スタンダード会員は、プライオリティパスが運営しているラウンジに入るときにまだお金が27ドルほどかかります。スタンダードプラス会員は年10回まで無料になります。そして、最後のプレステージ会員がラウンジに入るときに無料のプライオリティパスになります。これを単純にプライオリティパスを買うと年会費も別途発生します。プレステージ会員ですと399ドルでおよそ5万円近い出費です。スタンダードプラス会員ですと299ドルでこちらも4万円の出費です。スタンダード会員はその都度ラウンジに入るときにお金はかかりますが、それでも99ドルの年会費がかかります。このように単純に買おうとするとなかなかの費用がかかります。

このプライオリティパスをクレジットカードの付随機能としてついてくるクレジットカードが存在しています。基本的には海外へ行くことが多い人が使う方が欲しいので、JALカードやANAカードを持っている人が多いでしょう。ここであるJALカードであればプラチナクラスであればプライオリティパスを発行できるようになります。それがJALアメリカン・エキスプレス ・カードになります。これは年会費が31000円ですので、単純にプレステージ会員の年会費の50000円よりも安くなります。このカードにはJALカードとアメリカンエキスプレスカードの両方の機能を持っていますので、海外に頻繁に行く人であればかなりメリットがあるクレジットカードといえるでしょう。もちろん、プラチナカードですので発行できる方はそれなりの年収が必要になります。

プライオリティパスがついてくるANAカード

プライオリティパスとは、世界の様々な空港で運営されているラウンジになります。

通常の日本にあるラウンジと比べて様々なものが強化されています。場所によってはアルコールも飲み放題になるところもあります。食べ物に関しても、通常のものと違ってかなりの種類のものが出てくることがあります。このプライオリティパスは通常であれば有料のサービスになります。

会員は、3ランクに分かれます。それは、スタンダード会員とスタンダードプラス会員とプレステージ会員になります。年会費はスタンダード会員が99ドルで1万ちょっと、スタンダードプラス会員が299ドルと4万円程度、プレステージ会員は399ドルと5万円程度になります。スタンダード会員は使うたびに、別途27ドルかかります。スタンダードプラス会員は10回までは無料でそれ以降は27ドルかかります。プレステージ会員は使うたびには値段はかかりません。また、同行者は別途27ドル常にかかってきます。

このようにプライオリティパスはそれなりの値段をしますが、これをクレジットカードを発行するだけでこのプライオリティパスを発行できることになります。プライオリティパスは海外旅行を使う人が使うものなのでやはり航空系のカードのJALカードやANAカードについてくることが多いです。その中で今回はANAカードについて説明します。ANAカードでは、ANA VISAプラチナ プレミアムカードとANA JCB カードプレミアムとANAダイナースプレミアムカードとANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードにプライオリティパスを発行できる権利があります。年会費は一番安いカードでも7万円近くすることになります。

ただ、単純にプライオリティパスを発行したいのであれば、楽天プレミアムカードが一番いいです。こちらに関しては年会費1万円でこの年会費5万円するもののサービスが無料でついてきます。楽天カードとしての機能もありますので、楽天をよく使う人にとってはこれが一番お勧めになります。

しかしながら、ANAカードにはANAをよく使う人にとってはいろいろと便利な機能がついています。ANAマイルを貯めるときに、クレジットカード決済で大きなマイルがついたり、ANAの飛行機に乗ったときに通常よりも多くのマイルがついてきます。また、ANAラウンジも使えるようになったりとこのプライオリティパスを発行できる以外にも様々なメリットがあるといえます。

プライオリティパスも利用できるスミトラストクラブのクレジットカード

スミトラストクラブでは、現在、プラチナ、ゴールド、エリート、リワードワールド、リワード、キャッシングパックの6種類のカードを発行していますが、中でもプラチナは、スミトラストクラブ最高峰のVISAプロパーカードです。非常に認知度が高く、日本の海外留学生や海外赴任者に広く利用されており、世界規模で通用するカードでもあります。通常、プラチナカードの場合には、インビテーション(招待状)を受けて初めて加入ができるなど、ハードルが高い面がありますが、スミトラストクラブは25歳以上という入会資格のみに該当するだけで申込が可能となります。

カードの特徴には、大きく、高いコストパフォーマンス、充実した保険、プライオリティパスの付与、最高水準の還元率の4つがあり、中でも、保険とプライオリティパスは魅力的な内容となります。

まず、プライオリティパスに関しては、ゴールドカードではスタンダード会員が付与されます。一方プラチナではプレステージ会員が付与され、ここでは、海外の空港ラウンジ100ヵ国850ヵ所以上を、全て無料で利用することができます。ラウンジの利用に関しては国内ではパスが無くても無料で利用することができますが、海外の場合には、利用においてはプライオリティパスへの加入とともに、会員レベルによっては費用が必要となります。プレステージ会員は、通常、年会費399ドルが必要になりますが付与されるために別途費用は必要なく、同行者がいれば、その分の費用となる27ドルのみで済ますことができます。空港ラウンジは、海外においては魅力的な空間を設けてあるところが多く、軽食、ドリンク、アルコールといったものも全て無料で利用できるなど、充実したサービスを受けることができます。

プラチナカードでは、専用保険として、海外旅行保険、海外緊急アシスタントサービス、海外航空便遅延費用保険、外貨盗難保険、国内旅行傷害保険、国内航空便遅延費用保険、バイヤーズプロテクション、キャンセルプロテクションが附帯されます。

海外保険の内容は、まず、障害死亡・後遺障害としては、本会員、家族会員ともに最高1億円の補償が付き、家族特約対象者では最高1,000万円となります。他の補償額は、本会員、家族会員、家族特約対象者ともに同額となっており、内訳としては、障害治療費用500万円、疾病治療費用500万円、賠償責任5,000万円、遂行品損害100万円、救援者費用が500万円となります。

クレジットカードで発行したプライオリティパスで同伴者はどうなるか?

クレジットカードの中には、カードのサービスの一つとしてプライオリティパスが発行できるものがありますが、この場合に同伴者はどうなるのでしょうか。家族旅行などでの利用シーンをメインに考えている人であれば、自分一人でラウンジを利用できたところであまり旨みがないのは明らかです。家族など同伴者がどうなるのかまでしっかりと考えておく必要があります。

プライオリティパスには3種類ありますが、どのパスであっても同伴者まで無料とはなりません。パスを持つ本人は、種類によっては無料で利用できることもありますが、パスを持たない同伴者は常に有料となります。料金は世界中どこであっても基本的にアメリカドル建てで、1人1回あたり27ドルとなっています。
ここはしっかりと考える必要のあるところです。有料で27ドルというのは決して非常に安いとは言えない金額でしょう。ちなみに、子供の場合は年齢により割引になったり無料になったりすることもありますが、そのルールはラウンジによって異なります。一家4人で利用するとなると、本人がプライオリティパスを持っていたとしても場合によってはラウンジ1回で1万円程度の出費になることもあるわけです。

一つの方法は、家族に対してもプライオリティパスを発行することです。クレジットカードのサービスとして発行できる以上は、そのクレジットカードを持てばパスも発行できることになるからです。ただし、本会員ではなく家族会員、つまり家族カードの場合はパスを発行できないものもありますから、注意が必要です。

例えばMUFGプラチナアメックスの場合は、家族カードに対してもプライオリティパスを発行できます。もちろんクレジットカードですから無制限に家族カードを発行できるわけではなく、配偶者、18歳以上の子供、両親くらいに限られますが、十分に役に立つとは言えるでしょう。しかも家族カード1枚目は年会費無料です。2枚目以降であっても年会費は3000円と格安です。

家族カード1枚目については無料で発行できるのですから、事実上プライオリティパスが無料でもう1枚発行できるのと同じことで、これははっきり言って発行しないと損です。2枚目以降であっても3000円でパスを発行できるのですから、ラウンジ利用料が1回27ドルであることを考えれば、年にたった1回でもラウンジを利用するのなら、家族カードを発行したほうがよいということになります。

プライオリティパスが安く発行できるクレジットカードは?

プライオリティパスというのは、海外旅行をよくする人であれば是非とも持っておきたいパスの一つです。これがあれば海外の空港ラウンジへの入室資格が得られるからです。海外の空港ラウンジの多くは、単純にカウンターで料金を支払っても入ることはできません。プライオリティパスのような入室資格を得るか、あるいは航空会社のマイレージクラブの上級会員になれるだけの搭乗数をこなす、これから搭乗する飛行機でエコノミークラスではなくビジネスクラスやファーストクラスを利用するといったようにしないといけないのです。これらの方法のうち、マイレージクラブの上級会員とかビジネスクラス、ファーストクラスなどというのは口で言うほど簡単なものではありません。ある程度でも手が届きやすいものとなるとプライオリティパスが一番の近道なのです。

このパスは直接申し込むことも可能ではあるものの、実はある種のクレジットカードを持っていると、そのクレジットカードのサービスとしてこのパスの年会費が割引になったり無料になったりするものがあります。しかも、クレジットカードの年会費のほうがサービスとして得られるプライオリティパスの年会費割引分よりも安いという、仰天してしまうようなカードさえもあるのです。こんなカードになると、パスを直接申し込むのははっきり言って馬鹿らしい以外の何物でもありません。

そのような中でも、最も安い年会費でプライオリティパスが持てるカードは楽天プレミアムカードです。年会費は1万円ですから、クレジットカードとして見た場合には決して安いものではありません。今では年会費無料のカードもいくらでもある中で1万円だからです。しかし、プライオリティパスの中でも最上級の資格、プレステージ資格が無料で得られるのがこのカードの売りです。プレステージ資格は、世界各地の空港ラウンジに無料で何度でも入室可能な資格で、直接申し込むと399ドル、つまり4万円を超える金額です。1万円の支出で4万円を超える見返りが得られるわけですから、これはもう破格の安さであるのは間違いありません。

もちろんクレジットカードですから所定の審査があり、審査に通過しないことには保有できません。また、パスの資格が得られるのは本会員のみで、家族会員は得られません。ただ、パスを持った会員がいれば、同伴者は別途料金を支払うことでラウンジに入室することができますから、さほど問題はないでしょう。