海外によく行くなら、プライオリティパスを発行しよう!

世界の空港ラウンジ1,000か所が利用できるクレジットカードのプライオリティパスとは

旅行において利便性の高いサービスを受けられるものにプライオリティパスがあります。プライオリティパスは、会員になることで世界中の空港ラウンジを利用することができ、現在その数は、ネットワークの広がりとともに世界500都市の1,000か所以上に上っています。

プライオリティパスの会員特典ではラウンジの使用だけでなく、ここに準備された軽食、アルコール類を含むドリンクが無料で提供され、搭乗までの時間をゆったりと過ごすことができます。また、無料でWi-Fiの利用もできるために待ち時間を有効に活用することができるようになっています。サポート体制もしっかりしており、ベテラン多言語スタッフによる24時間・年中無休の対応など、最高のサービスが設けられています。

プライオリティパスには3つのタイプがあり、それぞれ、カード名、年会費、会員利用料、同行者利用料が定められています。まず1つめには、年会費99ドル、会員利用料27ドルのスタンダード会員があり、ラウンジの使用ににおいては、その都度27ドルを支払うことになります。2つ目にはスタンダードプラス会員があります。スタンダード会員は、年会費は249ドルで内容はスタンダートと同様になるものの、特典として10回までは無料でラウンジを利用することができるようになっています。3つ目にはプレステージ会員があり、プレステージでは年会費399ドルを支払うことで、何回でも無料でラウンジを利用できるというメリットがあります。尚、同行者利用に関しては、3タイプともにその都度27ドルが必要になります。

プライオリティパスは個別でも加入をすることができますが、クレジットカードによっては特典として付与されている商品があります。通常カードやゴールドカードの場合にはスタンダード会員、プラチナカードの場合にはプレステージ会員が付与されているケースが多く、加入においては、どのタイプが付与されているか確認をする必要があります。

クレジットカードに付与されている場合、そのほとんどは1年間に限り無料となっています。そのために継続を希望する場合には、個別にプライオリティパスに申込をする必要があります。クレジットカードに付与されている場合に確認が必要となる点としては、利用ラウンジ数があり、この場合、必ずしも1,000か所となっていないことを認識しておく必要があります。例えば、国内大手プラチナカードではプレステージが付与されていはいるものの、商品説明では100ヵ国以上、600ヵ所以上の空港ラウンジが利用できることが記載されています。

プライオリティパスならプラチナカード経由での入会が断然お得!

プライオリティパスを持とうと考えているのなら、クレジットカードのプラチナカード経由での入会を断然おすすめします。理由は極めて単純で、普通にプライオリティパスに入会するよりも明らかに安いからです。

プライオリティパスには3種類ありますが、最高ランクのパスであれば普通に入会すると年会費399ドルがかかります。日本円で4万円を超える値段です。これでも海外の空港ラウンジを無料で回数制限無しに利用できることを考えるとそれだけの価値はあると言えるのでしょうが、いかんせん高すぎると考える人がいても何ら不思議ではありません。また、最低ランクのパスであれば年会費99ドルと格安にはなりますが、こちらはラウンジ1回あたり27ドルがかかります。そこまで何回も何回もラウンジを利用しないという人であればこちらのほうが手が届きやすいかもしれません。

ところが、プラチナカードであればこのパスの年会費が割引になったり、あるいは無料になったりするものがあります。というか、プラチナカードを持ちたいと考える人の理由の多くがこのパスを持てることにあるとさえ言われています。もちろんプラチナカードですからその年会費はかなりかかります。例えば399ドルのパスを無料で発行しようと思えば、クレジットカードの年会費は最低でも5万円くらいはすると考えるのが普通の感覚でしょう。事実、それくらいの年会費が必要になるプラチナカードは珍しくないというか、それが標準的かもしれません。

しかし、一般のクレジットカードに年会費無料のカードがあるように、プラチナカードであっても年会費の安いカードは探せば見つかります。そして、中には4万円以下の年会費でありながら399ドルの価値のあるプライオリティパスが発行できるカードさえあるのです。考えようによってはプライオリティパスを無料でもらえる、あるいはクレジットカードを無料で発行できることにも相当するわけで、非常にお得だと言えます。

そのようなクレジットカードの代表が楽天プレミアムカードです。これは年会費たったの1万円です。それでいて普通に入会すると399ドルかかるパスが無料で発行できます。もちろん、2年目以降も同じであり、継続してパスを持ち続けることができます。このパスさえあれば海外の空港でラウンジを使い放題となります。家族など同伴者についても一人1回につき27ドルを支払うことで利用できますから、家族旅行のときであっても問題はありません。

プライオリティパスの会員ランクを詳細解説!

プライオリティパスは世界中の空港ラウンジの利用資格が得られる会員証です。このパスには3つのランクがあり、自分にあったものを選んで入会することになります。一般的なカードによくあるような、最初は全員一番下のランクから始まって利用実績に応じて次第に上がっていくというような性質のものではなく、基本的には自分の自由に選ぶことになります。どれを選んでもプライオリティパスの有効期限は1年間となっていますが、一度ある会員ランクを選んだからといって翌年以降も同じものを選ばないといけないなどということはありませんし、継続せずそのまま退会することも、会員ランクを変えて継続することも全くその人の自由です。

プライオリティパスの3つのランクは、年会費の安いものから順にスタンダード、スタンダードプラス、プレステージと呼ばれています。一つ一つ解説しますと、まずスタンダードは年会費99ドルです。ちなみにプライオリティパスの料金は全て米ドル建てです。日本円での支払いはそのときの為替レートによって決定されることになります。スタンダードの場合は年会費とは別に、ラウンジ利用ごとに27ドルがかかります。

次のスタンダードプラスは年会費249ドルです。ラウンジ利用は10回まで無料、11回目からは同じく1回につき27ドルがかかります。最後のプレステージは年会費399ドルで、何度でも回数制限なしにラウンジを無料利用できます。

このように見てくると、ラウンジ利用は非常に魅力的ではあるものの、値段は決して格安とは言えないことが分かるでしょう。国内でも利用できるラウンジはあるものの、あくまで利用の主体は海外であり、海外出張や海外旅行の多い人向けです。となると、せいぜい年に1回か2回程度しかラウンジ利用機会のない大多数の人にとっては到底コスパ良好とは言えないかもしれません。

一応、どのパスを持つべきかの分岐点を書いておきますと、年5回までの利用の人であればスタンダードで十分です。年6回から15回までの人はスタンダードプラスがお得です。そして年に16回以上も利用するような人だけがプレステージを持つべきということになります。

なお、年会費と書いたとおり、有効期間はあくまで1年間です。例えばスタンダードプラスで5回しか利用せずに1年経過した場合、そのパスはもはや無効となってしまい、残りの5回の無料利用回数を翌年に繰り越すようなことはできません。

プライオリティパスとゴールドカードは全く別のカード!

プライオリティパスとゴールドカードは全く別のカードです。ゴールドカードでも国内の空港ラウンジには入れますが、海外の空港ではごく一部を除いて入ることはできません。その点、プライオリティパスであればゴールドカードでは入れない世界中の空港ラウンジに入れるのです。

ただ、だからと言ってプライオリティパスにいきなり飛びつくのはちょっと考え物です。というのも、このパスは必ずしも値段的には安くないからです。いくら海外の空港でラウンジが使いたいといっても、相当に高額のお金を払ってでも使いますかということをもう一度冷静に考えてみてください。このパスには3種類の資格がありますが、最も基本的なスタンダードだと年会費99ドル、1回あたりの入室に27ドルがかかります。年会費1万円以上を支払って、なおかつ1回あたり3000円程度を支払う必要があるのです。確かにゆったりと過ごせ、飲み物はフリーで軽食もあったりネット環境や電源サービスが整っていたりもしますが、本当にこれだけの価値があるか、それこそ空港内のレストランやカフェで過ごしたほうが安くしかも有意義ではないかを考えてみてもよいでしょう。

ちなみに入室ごとに追加料金を支払う必要が一切ないプレステージだと年会費は399ドルになります。スタンダードとの差は300ドル、入室10回分以上で、仮に往復で利用するとしても年に5回も海外に行く人ということになり、これだと格安航空会社を集中的に利用する人でもない限りは、航空会社のマイレージクラブ上級会員になって航空会社ラウンジを自由に使えるレベルに達することも十分にあるでしょう。その意味でもプライオリティパスは位置づけが微妙なのです。逆に格安航空会社を集中して利用するような人が、たかがラウンジにこれだけのお金を掛けたいと思うでしょうか。

また、同伴者は同伴者で別に費用がかかります。同じく27ドルです。海外に行く場合、とくに旅行であれば一人で行くという人はどちらかというと少数派でしょう。そういう場合、たとえ自分がプレステージ会員で無料で入室できるとしても、自分一人だけで入室しますかということも考えに入れておくべきです。
しかし、クレジットカードの中には、このプライオリティパスの年会費が割引になったり無料になったりするカードがあります。ゴールドカードではさすがに厳しいものの、アメックスはそのようなクレジットカードの一つです。アメックスを持っていれば、プライオリティパスのスタンダード会員に年会費無料でなることができます。

アメックスの魅力の1つ!プライオリティパスについて

クレジットカードの付与される特典の1つにプライオリティパスがあります。世界的ブランドとなるアメックスにも特典は設けられており、まず、ここではプライオリティパスの内容を把握しておく必要があります。

プライオリティパスは、簡単に言えば海外空港ラウンジを利用できるパスのことを指し、通常、別途会員になることで誰でも利用することができます。パスには、スタンダード会員、スタンダード・プラス会員、プレステージ会員の3種類があり、まず、スタンダード会員は年会費99ドルで、ラウンジ利用にはその都度27ドルが必要となります。

次にスタンダード・プラス会員は年会費249ドルとなり、原則、スタンダード同様に27ドルの利用料は発生するものの、ここでは、年10回までのラウンジ使用が無料となります。3つ目となるプレステージ会員は、年会費399ドルと最も高く、反面、ラウンジは何回でも無料で利用することが可能となります。

それぞれの会員加入においては、海外旅行の頻度で選択をすることで適した利用をすることができ、出張など、頻繁に海外に行くようであればプレステージ会員がお得な内容となります。因みに、3つの共通点としては同行者利用料があり、同行者の場合にはどの会員でも27ドルの費用が必要になります。

アメックスへの付与内容は、カードの種類によって若干の違いがあります。アメックスには、一般的に知られているカードの種類として、グリーンカード、ゴールドカード、プラチナカードがありますが、まず、グリーンカード、ゴールドカードともにスタンダード会員のプライオリティパスが付与されます。異なるのはゴールドカードの場合があり、通常、スタンダード会員ではラウンジ使用に毎回27ドル必要になりますが、アメックスではゴールドカードに対して2回まで無料の特典を設けています。

もう1つのカードとなるプラチナは、通常、アメックスからのインビテーション、いわゆる招待状が届いて初めて作ることができるカードであり、あまり目にすることがないタイプとなります。因みにパスはプレステージ会員が付与されており、どこの海外空港ラウンジも無料で利用することができます。

アメックスのプラチナカードは、提携カードであればインビテーション無しでも作ることができ、現在、複数の金融機関から提供されています。この場合、パスにはプレステージ会員が付与されており、魅力的な内容となっています。クレジットカードにプライオリティパスが付与されている場合の大きなメリットは別途加入のように年会費が不要となる点があり、無料の特典として提供されています。