プライオリティパスを発行できるおすすめクレジットカードまとめ

家族カードでもプライオリティパスが発行できるクレジットカードは?

プライオリティパスは海外旅行を良くする人にとっては非常に役に立つパスで、世界500都市以上で空港ラウンジを利用できます。ただ、このパスはそれ単独で申込もうとするとかなり高額です。空港ラウンジは非常に魅力的であり、いくら海外旅行に良く行くとは言っても限られた経験でもありますから、多少のことであればお金には糸目をつけないでおこうと考える人であっても、少しは躊躇しそうな金額になっています。

このプライオリティパスには3つの種類があり、それぞれかかる費用や利用のしやすさが異なりますから、もし単独で選ぼうとするのであればこの中から自分に合ったパスを選べばよいでしょう。最も基本的なものでも年会費99ドルします。1万円程度であればちょっと高いかもしれないけれどもこれでラウンジが利用できるなら奮発してみるかと考える人がいたとすれば、それは少々甘いです。

99ドルはあくまでパスの年会費に過ぎず、これだけでラウンジが利用できるわけではありません。利用には毎回27ドルが別にかかるのです。もし、毎回の利用費を気にせずに何度でもラウンジを利用したければ、年会費399ドルのパスを選ぶ必要があります。こちらであれば毎回のラウンジ利用は無料です。

と、ここまで説明してきて、落ち着いて物を考えれば結構値が張るものであることが分かるでしょう。しかし、クレジットカードの中にはこのプライオリティパスのサービスが自動付帯されてくるものがあります。中には、年会費399ドルのパスがもらえるようなクレジットカードもあるのです。日本円に換算すれば4万円以上もするような特典ですから、それが得られるようなカードはさすがに普通のクレジットカードではありません。プラチナカードレベルのカードである必要があります。

しかし、家族で海外旅行をよくする人であれば、家族カードが発行できるか、家族カードでもプライオリティパスがもらえるカードかということまで気にしておかないと十分とは言えません。本会員は良くても、家族カードとなるとパスは発行できないカードもあるからです。発行できないとなってもパスを持つ本人と一緒であれば別途料金を支払ってラウンジに入室することはできますが、それだけ余分の出費になってしまいます。

家族カードであってもプライオリティパスが発行できるクレジットカード、それはMUFGプラチナアメックスです。しかも家族カード1枚目は年会費無料で発行できる特典付きです。

魅力的なプライオリティパスがついた楽天プレミアムカード

充実のサービスでワンランク上の毎日が送れるカードに楽天プレミアムカードがあります。楽天プレミアムカードは年会費とては1万円かかるものの内容は非常に充実しており、新特典となる送料分相当ポイント還元や、海外空港ラウンジサービス、国内空港ラウンジサービス、トラベルデスク、各種保険、スーパーポイントアッププログラム、ライフスタイルに合わせて選べるサービス、誕生日サービス等が附帯されています。

なかでもプライオリティパスは大きな魅力があり、プレステージ会員同等のサービスを受けることができます。まず、プライオリティパスは、簡単に言えば海外主要空港にある空港ラウンジを利用できるサービスのことを指します。ここでは飛行機の離陸時間までくつろぐことができ、空港によるものの、海外の多くは日本では考えられないくらいに豪華な内容となっている点があります。具体的にはゆったりとしたソファーや椅子が設えており、ソフトドリンク、アルコール、食事、中にはシャワールームや仮眠室があるラウンジもあります。

プライオリティパスには、スタンダード会員、スタンダード・プラス会員、プレステージ会員の3タイプがあり、プレステージ会員のみが何回でも無料でラウンジを利用することができます。ラウンジでは、ほぼ食べ放題、飲み放題となっており、年間の利用回数が多い人ほど大きなメリットがあります。楽天プレミアムカードが魅力的なのは、通常年会費399ドル必要となるとことを無条件で附帯していることがあり、利用者は、カード使用料となる年会費10,000円のみで優遇を受けることが可能となります。因みに楽天プレミアムカードのみでも、カードと当日航空券を提示することで国内ラウンジは無料で利用することができ、現在、成田をはじめとして、全国27空港でサービスを受けることができます。

楽天プレミアムカードは他の附帯サービスにも魅力的な内容が設けられており、まず、新特典となるポイント還元においては楽天市場の送料分相当をポイントで受けることができます。通常、サービスは楽天プレミアムとして年会費3,900円の有償提供となりますが、ここでは1年間無料で利用することができ、楽天グループ優待や、会員限定クーポンの特典も提供されます。

楽天プレミアムカードはポイント面での優遇の他にも保険関係も充実しています。カードには、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、動産総合保険が自動的に附帯され、行き届いたサポート体制も布かれているために、安心して利用することができます。

プライオリティパスとダイナースクラブを比較してみる

プライオリティパスとダイナースクラブカードは本質的には性格が異なります。パスのほうは単にラウンジ利用権とでも言うべきもので、クレジットカードのように買い物に使えたりするわけではありません。一方でダイナースクラブカードはれっきとしたクレジットカードであり、種々の特典はありますが基本的には買い物に使えるカードということになります。ですから、直接比較すると言っても一体何を比較するのかということになりますが、唯一、直接的に比較できる要素があります。それは海外も含めた空港ラウンジが利用できることで両者には共通点があるのです。

では、一つ一つ詳細を見てみましょう、プライオリティパスは実は3つのランクがありますが、どれも世界中の約1000ヵ所のラウンジが利用できることは同じです。最高ランクのプライオリティパスであれば年会費は399ドルであり、一方で何度利用しても無料となります。最低ランクのパスですと年会費は99ドルに留まりますが、1回の利用ごとに27ドルがかかります。ダイナースクラブカードのほうは年会費22000円で、世界中の約600ヵ所のラウンジが何回でも無料で利用できます。

この両者を比べるのはなかなかに微妙なところがあります。1000ヵ所と600ヵ所では確かに2倍近い開きがあり、この点だけを見るとプライオリティパスに軍配が上がりそうです。しかし、1000も600も十分に大きい数字ということは言えるかもしれません。よほど普通の人はちょっと行かないような土地を訪れるのであればともかく、一般的に日本人がよく訪れるような国や地方であれば、ダイナースクラブカードであっても十分と言えるかもしれません。無駄に多くてもあまり意味はないかもしれないということです。

コストの点ではどうでしょうか。これは、プライオリティパスのほうが一定していないためにこちらも直接の比較は困難ではあります。フリーに利用できる最高ランクのパスであれば日本円にして4万円を超える値段ですから、ダイナースの2倍近いことになり、これはダイナースに軍配を上げても文句を言われないレベルでしょう。最低ランクのパスであれば1回の利用で1万4千円前後となり、これは確かにダイナースの6割程度の金額ではありますが、冷静になって考えると、たった1回のラウンジのためにパスなりカードなりに1万や2万を出す人はあまりいないでしょう。数回以上は使うことを想定すれば、総合的にダイナースのほうに軍配が上がりそうです。

同伴者でもプライオリティパスが利用できるクレジットカード

クレジットカードに附帯される特典で、魅力的なものの1つにプライオリティパスがあります。プライオリティパスが附帯されていることで世界中の空港ラウンジを利用することができ、附帯されている種類によっては、利用はもちろんのこと飲食も無料で提供を受けることができます。

プライオリティパスには3つのタイプがあり、通常、スタンダード会員では年会費99ドル、スタンダードプラス会員では年会費249ドル、プレステージ会員では年会費399ドルと有料になっています。それぞれ会員になることで、スタンダードでは27ドル、スタンダードプラスでは27ドルはかかるものの10回まで無料、プレステージでは会員は無料でラウンジを利用することができ、同伴者に関しては全てのタイプが27ドルとなります。

クレジットカードには、現在、プライオリティパスが附帯されているものがあり、その中の1つにMUFGプラチナアメックスがあります。アメックスのプラチナカードは、通常、インビテーション(招待)を受けて初めて入会が可能となりますが、MUFGプラチナアメックスはインビテーションを受けずに入会できるメリットがあり、プレステージ会員が無料で提供されます。また、海外旅行保険で最高1億円(自動付帯分最高5,000万円)、国内旅行保険が最高5,000万円が附帯されるなど、安心して利用できる内容が設けられています。

MUFGプラチナアメックスのメリットの1つに有料サービスとなる家族カードがあります。家族カードは非常に利便性が高く、申込をすることで、割安な年会費で同伴者も含め、充実したサービスを受けることができます。家族カードは、本会員と同様の機能やサービスを受けることができ、MUFGプラチナアメックスの場合には、1名までが無料、2人目以降に関しては1名につき3.000円の年会費となります。また、プライオリティパスも同様となるために、空港ラウンジを自由に海外でも利用をすることができます。

家族カードに入会をすることで、同伴者とならずとも自由に空港ラウンジを利用することができますが、申込には条件が設けられています。ここでは、配偶者、親、子供(高校生を除く18歳以上)であればカードの発行をしてもらうことができるようになっており、本会員が学生や未成年の場合には対象外となります。また、利用分の支払に関しては本会員の口座から引き落とされ、ここでの利用明細書は、本会員、家族の利用分を合算した内容で送付されます。

魅力的なプライオリティパスが付く法人カード

クレジットカードは個人では広く利用されていますが、企業が利便性を高めるために社員用として準備をするケースがあります。この場合、法人カードが利用され、その中の1つに魅力のあるカードとして、セゾン プラチナアメックスがあります。

セゾン プラチナアメックスの特徴としては、まず、高いステータス性があるアメックスとなっている点があります。通常、プラチナへの加入ではインビテーション、いわゆる「招待状」が来て初めて加入をすることが可能となりますが、このカードの場合には、インビテーションが無くても加入をすることができます。2つ目としては年会費が破格に安い点を上げることができます。仮に、アメックスプラチナの場合には年会費13万円必要になりますが、セゾンの法人カードは2万円で加入でき、さらに年間200万円以上の利用をした場合には、翌年年会費が1万円となります。ここでの年会費は、同じプラチナカードで比べた場合、他の法人カードや、個人用カードよりも安く、非常に魅力的なクレジットカードです。

セゾン プラチナアメックスには様々な特典が設けられています。まず、会員限定として、プレミアム、カードデスク、複数の限定サービスがあり、トラベルに関しては、空港・送迎、旅行傷害保険、旅行サービス、宿泊、トラベルインフォメーション、ポイント&マイルなど、非常に充実した内容が提供されます。また、ライフとしては、加盟店優遇情報、ショッピング、ヘルス&ビューティー、ライフスタイル、カーライフ、ビジネスサポートといった内容が設けられており、他にも、チケットサービスや保険があります。

セゾンプラチナアメックスは、ステータス性も含めて大きな魅力のある法人カードとなりますが、中でも、プライオリティパスは、海外出張では非常に重宝するサービスとなります。プライオリティパスが付与されていることで空港ラウンジを利用することができ、ここではプレステージ会員の待遇を受けることができます。

プライオリティパスには、スタンダード、スタンダードプラス、プレステージの3つの会員があり、通常、プレステージへの加入は、年会費として399米ドルが必要になります。セゾンプラチナアメックスには、特典として付与されているために一切費用はかからず、ラウンジを無料で何回でも使用することができます。海外の空港ラウンジの場合、日本とは異なり空間から調度品まで素晴らしく、ここでは、軽食から飲料、アルコールまで全て無料となります。