プライオリティパスが発行できるクレジットカード

プライオリティパスを無料発行できるクレジットカードがある!

プライオリティパスとは世界の空港でラウンジが利用できる会員権というか会員証です。海外旅行などで国際空港に行ったとき、とにかく広くしかも混雑する空港の中でほっとひと息つきたいと思うことがあるでしょう。こういう場合に役に立つのがラウンジです。ここは誰もが利用できるところではなく、予め何らかの資格を持っている人だけが入れるのです。お金を払うからといっても誰でも入れてくれるところではないわけです。

設備やサービスは空港によって様々でしょうが、セルフサービス形式の軽食・カフェ店と、ゆっくりくつろげる待合室とが一体になったようなものと思えばだいたいは間違いないでしょう。インターネット接続サービスや電源利用サービスもありますからスマホやPCを利用することも可能です。また、大規模な空港になれば、シャワーが使えたり、深夜便に搭乗する人や乗り継ぎ時間が長い人のためにある程度は仮眠が取れるような座席が用意されていることもあります。

要は、軽く食事をしたり、飲み物を片手に雑誌を読んだり、同行者と談話をしたり、スマホでゲームやメールをしたりPCで仕事を片づけたり、シャワーでさっぱりしたりうたた寝をしたりと、搭乗までの時間を思い思いの方法で過ごすことができる場所ということができます。逆にこのようなラウンジが利用できない場合は、混雑したコンコースで無為に時間を潰すか、せいぜいカフェに入ってコーヒーを飲むくらいが関の山でしょう。

このようなラウンジを利用できるのがプライオリティパスです。これは普通に入会して発行することも可能ではありますが、年会費は決して安くはありません。最も安く制約の多いパスでも99ドル、最も使いやすいパスだと399ドルもします。しかし、クレジットカードの中には、その特典の一つとしてこのプライオリティパスを無料で発行できるものもあるのです。これがねらい目です。無料になるとは言っても、もちろんクレジットカードそのものの年会費は必要になってきますが、例えば年会費1万円から2万円程度で、399ドルの値打ちのあるプライオリティパスを無料で発行できるクレジットカードというものも存在しています。

もちろんクレジットカードですから審査があり、年会費さえ払えば誰でも持てるというものではないことは断っておく必要があるでしょう。しかし、制約といえばただそれだけです。クレジットカードを持てる人であれば誰でもパスに普通に入会しては損だということになります。

プライオリティパスの持てるプラチナカード!

プライオリティパスというのは世界中の空港ラウンジへの入室資格が得られるパス、会員証、入館証です。これは直接申込むこともできますが、それよりもクレジットカードのサービスを利用して申込むのが王道になっています。理由は簡単で、そのほうが安く済むからです。プライオリティパスには3段階の資格がありますが、最もハイレベルの資格であるプレステージでは年会費が399ドルもかかります。

日本円にすると4万円を超える金額です。この資格さえあれば、世界中で1000を超える空港ラウンジに無料で入室できます。確かにぜひ持ちたいパスではあるものの、いかんせん値段が高すぎるのが難点です。よく海外旅行に行く人であっても、せいぜい年に2回から3回も行けば十分に多いほうでしょう。もちろん中にはもっと高頻度で出かけている人もいるかもしれませんが、そういう人になってくると今度は航空会社のマイレージクラブ上級会員が見えてきます。マイレージクラブ上級会員になるとプライオリティパスがなくても航空会社ラウンジには入室できますから、このパスのありがたみも薄れるというわけです。

しかし、最初に書いたように、何も4万円を超える金額をこのパスにかけることだけが入室資格を得る方法ではありません。クレジットカードのサービスの一つとして、このパスが持てるカードもあるからです。その一つがMUFGプラチナアメックスです。MUFGプラチナアメックスは年会費2万円がかかりますが、このサービスの中にプライオリティパスのプレステージ資格を無料で得られることが含まれているからです。プレステージ資格は年会費399ドルなのですから、カードの年会費そのものよりも価値の高いサービスが得られてしまうという極めてお得なカードになっているわけです。

もちろんMUFGプラチナアメックスはクレジットカードですから所定の審査があり、誰でも持てるというわけではありません。しかしプラチナカードという言葉の響きの割りには持ちやすいカードの一つです。年会費2万円というのも、確かに一般カードしか持ったことのないような人にとっては驚くような金額かもしれませんが、プラチナカードという範疇の中ではむしろ安いほうです。

このカードのよいところは、家族カードも1枚目は無料で発行できるところにあります。そして、家族カードであってもプライオリティパスのプレステージ資格が得られるのが素晴らしいところです。

同伴者無料のプライオリティパスが発行できるクレジットカード!

このタイトルはちょっと誤解があるかもしれないということを最初に断っておいたほうがよいかもしれません。プライオリティパスは世界中の空港ラウンジが利用できるという、海外旅行の多い人は是非とも持っておきたいパスです。このプライオリティパスには3つのプランがあり、スタンダード、スタンダードプラス、プレステージと呼ばれています。この3つのどれをとっても、同伴者無料となるプランは一切ありません。逆に同伴者に限って言えば、この3つのプランは全て同じです。3つのプランのどれであっても、パスを持つ本人に同行してラウンジを利用しようとする人は、1人1回あたり米ドルで27ドルの料金を支払えば有料で利用可能となります。

同伴者無料のプライオリティパスというようなプランは全く存在しませんから、タイトルは若干誤解を与えるものかもしれないわけです。しかし、クレジットカードの中には、カードのサービスの一環としてこのパスが発行できるものも存在します。3つのプランのどれかに年会費無料で入会できたりするわけです。プレステージプランでは、パスを持つ本人は無料でラウンジを利用できます。そして、数あるそのようなクレジットカードの中には、家族カードを無料で発行でき、しかも家族カードであってもプライオリティパスのプレステージプランに年会費無料で入会できるものがあるのです。

少し分かりにくくなっているかもしれませんが、要はクレジットカードの家族カード経由で無料でプライオリティパスを発行できるために、実質的に同伴者無料となるカードが存在するということが言いたいのです。

そのようなカードはMUFGプラチナアメックスカードです。このカードは年会費税別2万円と決して安くはありませんが、それだけの価値があります。家族カードの1枚目は無料で発行でき、しかも家族カードに対してもプライオリティパスのプレステージプランに年会費無料で入会できます。当然ながら本人もプレステージプランに無料入会できます。プレステージプランはカード経由ではなく直接申し込めば年会費399ドルがかかりますが、年会費2万円のMUFGプラチナアメックスを持っていれば、家族カードも含めて2枚のプレステージプランが得られるということで、極めてお得なカードです。

なお、家族カードの2枚目以降は年会費3000円がかかりますが、それも含めて同じくプレステージプランの無料入会は可能です。

お得な年会費でプライオリティパスが発行できるクレジットカードはこれ!

プライオリティパスというのは国内外の1000ヵ所以上もの空港ラウンジを利用できるパスです。ただ、一応は国内でも利用できるものの、主体はあくまでも海外ですから、海外旅行をよくする人が持つべきパスと言えるでしょう。国内旅行メインの人であればプライオリティパスよりも単にクレジットカードのゴールドカードを持てばそれで十分で、年会費の点でも利用できるラウンジの数でもそちらのほうがお得です。

ただし、海外旅行をよくする人であれば、こと海外のラウンジに関してはゴールドカードはほぼ無力です。海外の空港ラウンジを利用するためにはプライオリティパスが必要なのです。一応、ウェブサイトを見ると、世界130都市、500ヵ所以上の空港で、合計1000ヵ所以上のラウンジを使えると書いてあり、主要な都市の空港はほぼ網羅されていると言えます。しかもこの数字は固定ではありません。日々拡大を続けているからです。

このパスはウェブサイトから直接申込むこともできますが、お得に持ちたいのであればクレジットカードのサービスとしてこのパスの入会資格が得られるものを利用するべきでしょう。ゴールドカードクラスのクレジットカードであればそのようなサービスが付帯していることはないでしょうが、プラチナカードクラスであればこのサービスが付帯していることが多いです。というか、プラチナカードを持つことの大きなメリットとして、コンシェルジュサービスと並んでこのプライオリティパスの入会資格が得られることを挙げる人が多いくらいです。

しかし、プラチナカードクラスになると、審査の厳しさはさておくとしても、年会費も相当に高くなってきます。それでもプライオリティパスが持てることを考えれば、実は安いといえるカードは多く存在しています。その一つが楽天プレミアムカードです。これは年会費1万円かかりますが、このパスの最高ランクのプランであるプレステージプランに無料で入会できます。プレステージプランは直接入会すると日本円で4万円以上かかるものが無料で持てるのですから、これはもう元が取れるとかお得などというレベルを超えています。プレステージプランに入会していると、ラウンジ入室時には一切料金はかかりません。なお、同伴者は無料にはなりませんが、パスを持つ本人と同行してラウンジに行く限りは、一人約3000円で入室することはできますから、さして大きな問題にはならないでしょう。

スミトラストクラブのプラチナカードはプライオリティパス

三井住友信託銀行グループのクレジットカード会社であるスミトラストクラブが発行しているプラチナカードを持つと、プライオリティパスの年会費が無料になる特典が付いてきます。プライオリティパスには3つの会員プランがあり、スタンダード、スタンダード・プラス、プレステージに分かれています。

スミトラストクラブのプラチナカード保有者は、最高ランクであるプレステージ会員になることができ、世界約130カ国、約500都市、約1,000カ所以上の空港ラウンジをVIP扱いで利用可能です。プライオリティパスのプレステージ会員は、空港ラウンジを何回使っても無料です。ただし、同伴者が利用する場合は一回につき27米ドルが必要になります。

多くの空港ラウンジでWi-Fiが提供されているため、インターネット接続が可能で仕事を行うことも可能です。また、電子機器の充電を行うこともできます。さらに、一部のラウンジには会議室が設置されているため、飛行機の搭乗までの時間を有効活用でき、ビジネスを効率的に進められます。

また、あまり知られていませんが、プライオリティパスには会員サポートが付与されています。日本語のサポートも準備されており、プライオリティパス保有者は、24時間365日いつでもベテランの会員サポートチームと日本語でやり取りすることができるのです。

プライオリティパスのプレステージ会員になるには、通常399米ドルの年会費が必要になります。しかし、スミトラストクラブのプラチナカードの年会費は35,000円ですので、プライオリティパスのプレステージ会員年会費よりも安くなっています。また、プラチナカードの家族会員は年会費無料です。

スミトラストクラブのプラチナカードには、海外旅行保険がついています。海外旅行の代金などをプラチナカードで支払えば、自宅を出発した時点から補償が開始されます。また、海外旅行保険には家族特約も付いており、海外旅行中にカード保有者の家族が事故などにあっても保険が適用されます。

海外旅行保険で死亡したり後遺障害が残った場合には、最高1億円がカバーされます(家族特約は最高1,000万円)。傷害や疾病治療は最高500万円(家族特約も同額)、賠償責任は最高5,000万円(家族特約も同額)まで保険が適用されます。さらに、携行品損害についても、最高100万円が補償され、家族特約も同額の扱いになっています。

海外旅行や出張が多い方にとって、スミトラストクラブのプラチナカードはおすすめのクレジットカードです。