プライオリティパスの基礎知識とおすすめクレジットカード

クレジットカードの特典にもあるプライオリティパスとは何なの?

プライオリティパスとは、世界中の1000以上の空港ラウンジを使うことができるパスです。日本国内でも使うことができる空港ラウンジはありますが、基本的には海外の空港で利用するために持つべきパスです。空港ラウンジとは憧れの人も多いでしょうが、空港で飛行機の搭乗までの待ち時間を有意義にゆったりと過ごせるところで、飲み物はフリードリンク、座席はゆったりとしていて座席同士の間隔も広く、またwifiが無料で使えたり、インターネットに接続したパソコンが用意されていたりします。サービスの内容はラウンジによっても差はありますが、国際線向けのラウンジであればそれらに加えて軽食が用意されていたり、シャワーが使えたりするところも珍しくはありません。

入室するには基本的に一定の資格が必要で、その場でお金を支払いさえすれば誰でも入室できるというところは多くはありません。また、日本国内のラウンジであればクレジットカードのゴールドカードを持っていれば無料で入れますが、海外の空港ではそうはいかないのです。

プライオリティパスとはこのような空港ラウンジに入室することができるパスなのです。パスと一口に言っても3つのプランがあり、自分にあったプランを選ぶことができます。スタンダード、スタンダードプラス、プレステージです。スタンダードでは年会費99ドルで、ラウンジ入室1回あたり27ドルが必要です。スタンダードプラスは年会費249ドル、年間10回までラウンジ利用無料で、11回目からは同じく27ドルかかります。プレステージになると年会費399ドルで、回数制限なく何度でもラウンジを無料利用できます。

こうなると、プライオリティパスは確かに持ちたいパスではあるものの、決して安くはないということが分かるでしょう。普通の日本人が海外の空港ラウンジを利用する機会はどれくらいでしょうか。年に10回も利用する人であれば相当に多いほうと言えるのではないでしょうか。すると、憧れや見栄といった要素を捨てて冷静になって考えてみれば、それだけ利用する人でも1回あたり25ドルほど必要になります。年に5回の人であれば単価は50ドルに近いです。これだけのお金が払えるのであれば、空港で他にもっと有意義な時間の過ごし方ができるかもしれません。

ただし、クレジットカードの特典としてこのパスが得られるのならまた話は別かもしれません。単価が大きく変わってくるからです。

クレジットカードで発行できるプライオリティパスは利用料無料?

プライオリティパスは基本的に年会費とラウンジ利用ごとの利用料の2種類の費用があります。そして、パスそのものに3つのプランがあり、それぞれに年会費や利用料の規定が異なります。クレジットカードの特典として発行するプライオリティパスの場合、まず発行できるプライオリティパスがどのプランのものなのか、そしてその年会費はどうなるのか、ゼロになるのかそれとも一定の割引に留まるのかをしっかりと確認しておく必要があります。つまり、一口にカードの特典としてパスが発行できるといっても、その中身は全く一律ではないということです。

なお、ラウンジ利用ごとの利用料まで割引になったりゼロになったりするようなクレジットカードの特典は基本的に存在していません。それはパスのプランに応じて自動的に決まるということになりますから、考えておきべきことは3つのプランのうちのどれなのかということと、その年会費はどうなるのかということです。

さて、そのプランについては、最もレベルの低いプランがスタンダードです。年会費99ドルで、ラウンジ利用ごとに27ドルがかかります。次はスタンダードプラスです。年会費は249ドルと一気に150ドルも上がりますが、1年にラウンジ利用10回までは無料です。11回目以降は同じく27ドルがかかります。最もレベルの高いプランがプレステージで、これはさらに150ドル上がって399ドルとなりますが、ラウンジ利用ごとの利用料は一切不要になります。

これで明らかに分かるように、単にパスを無料で発行できるという触れ込みのクレジットカードでも、それがスタンダードプランのパスなのか、プレステージプランのパスなのかによってその価値は全く異なるということになりますから、安易に飛びついてはいけません。単純に考えてプレステージとスタンダードとでは300ドルの差があるからです。

もちろんそれが自分に合ったパスのプランであるなら何の問題もありませんが、ただパスが安く手に入るからといって飛びつくとそれはスタンダードプランであって、実は自分の欲しかったのは毎回の利用料金がかかるものではなかったのにということになるかもしれません。よく注意して選択するようにしましょう。

なお、このプライオリティパスは本人のみ有効です。たとえ家族であっても貸し借りはできません。航空券に記載された氏名と照合されますから他人のパスを持っていても何の意味もありません。

プライオリティパスの年会費よりも安いクレジットカード!

プライオリティパスが持てるにもかかわらず、プライオリティパスの年会費よりも安いクレジットカードというものがあります。単純に考えて原価割れというか、そのクレジットカードの年会費以上の価値があるサービスが受けられるということになり、もはやサービスの範囲を超えているとも言えます。

プライオリティパスには3つのプランがありますが、その中でも最も上級のプランがプレステージプランです。プライオリティパスの価格は全てアメリカドルで表示されていますので、為替レートにより変動することにはなりますが、このプランは年会費399ドルがかかります。結構高いことは間違いありませんが、このプランでは必要なのは年会費のみで、個々のラウンジ利用は完全に無料です。

399ドルということは、現在の為替レートで換算すると4万円を超える値段になります。ところが、最初に書いたように、このプランに無料で入会できるにもかかわらず、年会費がこれよりも安いというクレジットカードが存在しています。

そのようなカードはいくつかありますが、例えば楽天プレミアムカードは年会費1万円です。このカードに入会していると、プレステージプランのプライオリティパスに無料で入会できるのです。1万円だけで4万円を超える価値のあるものが自動的に付いてくると言えるわけで、普通に考えるとちょっとありえないくらいのサービスです。

なお、このプレステージプランのパスは本人は無料であるものの、同行者は有料となります。ただし、パスを持っている人と同行するのでない限りパスを持たない人はたとえお金を支払ってもラウンジを利用することはできませんから、有料であっても利用できるという意味でパスを持たない同行者にとっても価値のあるパスです。同行者も無料で利用したいのであれば同じく楽天プレミアムカードを持てばよいということになるものの、残念ながら家族カードではパスを発行することはできません。家族カードの発行そのものは可能なものの、家族カードではパスは発行できず、あくまで本会員のみがパスを発行してもらえます。

ちなみにこのパスの有効期限は1年間ですから、継続して利用したい場合は再発行する必要がありますが、楽天プレミアムカードを持ち続けている限りは翌年以降ももちろん無料でパスを発行できます。年会費1万円で、世界中の空港ラウンジが無料で利用し放題になるわけですから、非常に価値のあるクレジットカードといえるでしょう。

プライオリティパスが発行できるおすすめのクレジットカード!

プライオリティパスが発行できるおすすめのクレジットカードとして2つ挙げておきましょう。一つは楽天プレミアムカードです。楽天プレミアムカードはプライオリティパスが発行できるカードとしては年会費が最も安いのが魅力です。カードの年会費1万円で、プライオリティパスのプレステージ資格が得られるからです。プレステージ資格を直接得ようと思えば399ドル、つまり4万円以上かかりますから、楽天プレミアムカードの年会費1万円のお得さは群を抜いています。

楽天プレミアムカードはお得ではあるものの、問題はプライオリティパスの資格が得られるのが本会員だけということです。家族カードを発行しても、家族カードではこのパスの資格は得られません。海外旅行に一人で行くという人はむしろ少数派でしょうから、家族にもパスを発行したいと思う人は多いでしょう。その場合は楽天プレミアムカードは少し不向きです。

家族にもこのパスを発行したいのであれば、年会費は若干高くなりますがMUFGプラチナアメックスが良いでしょう。こちらは年会費2万円となりますが、本会員はもちろん、家族カードについてもプライオリティパスのプレステージ資格を付与することができます。しかもMUFGプラチナアメックスは家族カードの1枚目は無料で発行できますから、実質的な負担は一人1万円ということになり、楽天プレミアムカードと同じになります。

ちなみにプライオリティパスには3つのランクがあり、上に書いたプレステージ資格は最上位の資格です。これを持っていればラウンジ入室に回数制限などは一切なく、常に無料で使えます。しかし、他の資格ではそうともいきません。例えばスタンダード資格では、年会費は99ドルで1回の入室ごとに27ドルかかります。プライオリティパスの資格が得られることをうたっているクレジットカードではあっても、その資格の内容は実はカードによって異なります。もちろんプレステージ資格が得られるものが最もありがたいわけです。ところがカードによっては得られる資格はプレステージではなくスタンダードというものもあります。これだとお得さは399ドルではなく99ドル分に過ぎません。単にラウンジ入室資格が得られるというだけで、1回ごとに27ドルつまり約3000円かかってしまうわけですから、このパスの資格が得られるといううたい文句だけに飛びつかないように注意したほうがよいでしょう。

他のプライオリティパスが発行できるカードは「プライオリティ・パスが取得できるおすすめのクレジットカード | クレジットカードの達人」に掲載されています。

クレジットカードで発行できるプライオリティパスの有効期限は?

クレジットカードではそのサービスの一つとしてプライオリティパスが発行できるものがありますが、このプライオリティパスに有効期限はあるのでしょうか。もし無期限に有効であればもちろん嬉しいのでしょうが、現実はそうではありません。1年という有効期限があり、期限を過ぎると当然無効になって使えなくなってしまいます。

もし継続して利用したいということであれば、再発行する必要があります。プライオリティパスを普通に発行する場合には年会費がかかりますが、まさにこの年会費が1年分の有効期限となっているということで、再発行するとまた年会費がかかり、次の1年が有効期限になるということです。

しかし、クレジットカードのサービスとして発行するプライオリティパスの場合はどうなるのでしょうか。これは、そのクレジットカードのサービスとして再発行する限りは、初回と同じサービス内容がそのまま継続されるということになります。つまり、初回のパスを無料で発行できるクレジットカードであれば、翌年の更新時もまた無料でプライオリティパスを発行できるということになります。

しかし、クレジットカードを解約してしまっている場合はこうはいきません。あくまでもそのクレジットカードのサービスの一環なのですから、カードを解約してしまえばもうその後はそのサービスは受けられません。ただ、間違ってはいけないのは、クレジットカードのサービスがあくまでもパス発行時に無料で発行できるということであれば、このサービスの有無が影響するのは当然ながらパス発行時や再発行時に限られます。つまり、カードを年度途中で解約したからといって、既に発行済みで現在ただいま有効期間中であるパスまでいきなり無効になったり、取り上げられたりするようなことはありません。単に、その有効期限が到来したときに同じサービス条件でパスを再発行することはできなくなるというだけのことです。

ですから、あまりおすすめできる方法ではないものの、パスを無料で発行できるクレジットカードにとりあえず入会し、カードのサービスを利用してパスをお得に発行した後に、おもむろにカードを解約してしまうということは可能ではあります。そのようにしたからと言ってパスまで解約させられることはなく、最長では約1年間にもわたってその発行に使ったカードなしでパスだけ使い続けるということができるのです。ただ、あまりにもあからさまに短期間でカードを解約するのは一般的には決しておすすめできません。